「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者」
認定資格取得者の役割と認定事業者

国が定めた「使用済電気・電子機器の輸出時における中古判断基準」に対応するとともに、リユースのパソコンやプリンタ機器を輸出する際、更に対応すべき事項を整理した「製品化基準」を遵守する輸出取扱事業者に審査を行い、「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者」認定資格の付与をしています。

「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者」は、DirectReuseロゴシール付きのリユースパソコン・リユース液晶モニター装置やリユースプリンタ機器の輸出を行います。

「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者」は、以下の条件を満足することが必要です。

  1. リユースパソコン・リユース液晶モニター装置の輸出取扱いを行う輸出取扱事業者は、当協会による事業場等の審査を受け、「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者(パソコン機器取扱い)」の資格を取得し、「DirectReuse」ロゴシールが貼り付けられたリユースパソコンとリユース液晶モニター装置を、「輸出用リユースパソコン機器製品化登録者」から入手することが必要です。
  2. リユースプリンタ機器の輸出取扱いを行う輸出取扱事業者は、当協会による事業場等の審査を受け、「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者(プリンタ機器取扱い)」の資格を取得し、「DirectReuse」ロゴシールが貼り付けられたリユースプリンタ機器を、「輸出用リユースプリンタ機器製品化登録者」から入手することが必要です。

役割

「RITEA認定リユース情報機器輸出取扱事業者(パソコン機器取扱い)」は、「DirectReuse」ロゴシールが貼り付けられたリユースパソコンとリユース液晶モニター装置を「RITEA認定情報機器リユース取扱事業者『輸出用リユースパソコン機器製品化登録者』」から入手し、輸出を行います。その後、輸出国先での販売形態を含む輸出実績を当協会に報告します。

また、「RITEA認定情報機器輸出取扱事業者(プリンタ機器取扱い」は、「DirectReuse」ロゴシールが貼り付けられたリユースプリンタ機器を「RITEA認定情報機器リユース取扱事業者『輸出用リユースプリンタ機器製品化登録者』」から入手し、輸出を行います。その後、輸出国先での販売形態を含む輸出実績を当協会に報告します。

認定事業者
「RITEA認定情報機器輸出取扱事業者(パソコン機器取扱い)」

(1)株式会社アンカーネットワークサービス

(2)株式会社川上キカイ

(3)泰誠株式会社

(4)日本システムケア株式会社

(5)株式会社ブロードリンク

(6)株式会社アセットアソシエイツ

(7)青空商事株式会社

(8)株式会社登豊商事

(9)株式会社リアライズ

   【会社名:正会員・準会員の順に五十音順で表記】

認定事業者
「RITEA認定情報機器輸出取扱事業者(プリンタ機器取扱い)」

(1)泰誠株式会社

(2)株式会社ブロードリンク

(3)株式会社アセットアソシエイツ

(4)青空商事株式会社

(5)株式会社登豊商事

   【会社名:正会員・準会員の順に五十音順で表記】